FC2ブログ
Welcome to my blog

さまざまな動画のまとめを上げていきます

高利回りが期待できるお宝REIT

0 Comments
J-REITの業績は昨年後半ごろから絶好調。全60銘柄の約4割が直近で過去最高水準の分配金を出しており平均利回りは4.3%に達しています。
そう話すのは、J-REITに詳しいアイビー総研の関大輔氏。J-REITは投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、マンションになどの不動産を購入し、その賃貸収入を投資家に分配する金融商品。配当会の収益の90%以上を分配すれば、課税されないというメリットがあるため、より多くの収益を投資家に分配できるという利点があります。
18年は年初から日経平均株価の値動きがいまひとつであるのに対し、J-REIT全体の値動きを示す東証REIT指数は上昇トレンドにある。
関氏は、その背景には2つの要因があると指摘する。
アベノミクスが始まった2013年以降、景気回復と異次元金融緩和により、不動産需給が改善。東京だけではなく大阪や福岡など地方都市でも空室率は過去最低を記録しており、賃料は上昇傾向が続いています。さらに日銀が長期金利を少しあげましたが、J-REITの銘柄の借り換えできるため、支払利息が減少する動きが続いているのです。
家賃収入が増える一方で、コストはダウンし、利益が膨らんでいると言うわけだ。もっとも近年の不動産価格は過熱気味で、2020年の東京オリンピックをピークに下落に転じるという説もまことしなやかにささやかれている。そのXデーまで2年を切った今、J-REITに投資して大丈夫なのか気がかりなところ。しかしJ-REITアナリストの山崎氏はこの悲観論をバカバカしいと一蹴する。
不動産価格はすでにピークを打っており、運用に長けたJ-REITは競争力が落ちてきた物件を高値で売却しています。このまま不動産価格が下がれば、むしろJ-REITにとっては安値で仕込む好機となります。J-REITが投資対象とする都心の一等地にある大型オフィスビルや大規模マンション等では、バブル崩壊やリーマンショックのような極端な暴落は考えにくいのです。

大暴落で泣いた仮想通貨長者の今

仮想通貨の価格が低迷している。ビットコインの価格は8月25日現在、6700ドル前後で、昨年末につけた最高値から3分の1程度まで下落しているのだ。
著名トレーダーたちも、この強烈な下落相場で苦しんでいる。
「正直、今は何も信じられない」
 こう嘆息するのは、お笑いコンビの梅木一仁氏。
梅木氏は昨年の春、当時1枚6円であったリップルとネムを計15万円程購入。直後にバブルに乗れ、資産はたちまち10倍に膨らんだ。極めて順調な滑り出しに見えたのだが…

「これぞ億万長者になれる」借金で買った草コインが大暴落

「ウハウハだったのは今年の1月まで。1月にニューロメーションというコインのICOに参加するため、消費者金融で50万借りてぶち込みました。「最低600倍になる」という触れ込みにノッてしまった。その後も買い増して現在、手元には計1万5000枚のニューロメンションが残っています。これがまずかった。」
 バブルから一転、仮想通貨全体が調整局面に突入。草コインであるニャーロメンションも煽りを受け、価格は大暴落した。平均購入価格1枚53円が1枚5円に。梅木氏のNTK資産も80万円から7万5000円に目減りした。
「しかも、取引所の板が薄いので売るに売れない。このコインを僕に勧めてきた知人が失踪するなど精神的なダメージも大きいです。」
気づけばリップルやネムで稼いだ含み益は飛び消え、借金だけが残った。それでも梅木氏は仮想通貨への夢を断ち切れない。
「今後は原資のいらないエアドロップ(無料配布)案件や小規模なICOに注視しています。上場前のプレセールで仕込み、上場後のの暴騰で売り抜ける戦略です。一攫千金の機会はまだまだあると思っています。」